×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


(2007.8.26カウンター設置)

部 
第I期 2004/02/11(Wed)公開開始
第II期 2012/09/27(THU)公開開始
夢野久作 『ドグラ・マグラ』、
小栗虫太郎 『黒死館殺人事件』、
中井英夫 『虚無への供物』、
そして、竹本健治 『匣の中の失楽』。
探偵小説史上に残る四大奇書。
このサイトでは、竹本健治の作品世界に、
さまざまな角度からアプローチします。


・『静かなる祝祭 人形館殺人事件 竹本健治自筆
原稿復刻』(幻影城の時代増刊、本多正一発行)





・竹本健治著、林敏生訳
『當代文集44 匣中的失樂』
台湾、小知堂文化事業有限公司


『當代文集44 匣中的失樂』第1版に関する訂正表
517ページ、10行目、「後記」の末尾
誤  吉本健治

正  竹本健治

また、『ウロボロスの偽書』の表記が、11ページ傳博
氏による「導讀」では<呑尾蛇偽書>となっているが、
516ページ林敏生氏による「後記」の翻訳文では<無
限環的偽書>となっており、表記不統一の問題があ
る。
[文責:T.Harada 2008.5.22]



・竹本健治著『匣の中の失楽』が、陳滌訳にて北京
の新星出版社より『日本四大推理奇書之匣中失楽』
として刊行になりました。



竹本健治ファン倶楽部「軟体動物同盟」は、竹本健
治ファンを増やすことと、竹本作品の理解を深めるこ
とを目的として運営されます。



新着情報

<新刊>
・『新装版 匣の中の失楽』(講談社文庫)


・『私がデビューしたころ』(東京創元社、共著)



<近刊>
・『涙香迷宮』、2016.春刊行予定。

<続刊>
・『【愛蔵版】匣の中の失楽』(南雲堂)
  収録内容(予定)
  『幻影城』連載版+最新版の合本
  「匳(こばこ)の中の失楽」+新作短編、他

<好評連載中>
・『闇に用いる力学 青嵐篇』(光文社「ジャーロ」2
012.夏 No.45〜2015.秋+冬 No.55/No.56
より電子書籍にて販売)

<要注目>
・「キララ探偵す。特設サイト」(略称キララサイト) 
http://www.bunshun.co.jp/kirara/index.html 
にて、web小説「妙子、消沈す。」を、<問題編>と
<解決篇>を掲載。

<企画進行中>
・『入神』(南雲堂)に続くまんが第二弾。今度はミス
テリもの?
 FC2blog
お知らせ
 新着情報は、
 トップページと、
 FC2blog出張所を、
 チェックしてください。
竹本健治
プロフィール
竹本健治
著作リスト
関連情報

資料館 I
資料館 II
Galerie d'image 
de Takemoto
参考資料『中井英
夫作品集』につい

【読書案内】
トリック芸者占い
ウロボロスの陰謀
批評と
エッセイ
不連続線と絶対の
探求
『ウロボロスの偽
書』キーワード解

語られることのな
い物語
各種作品レビュー
新規会員募


メーリングリ
ストご案内
竹本健治用
語辞典
BBS(掲示
板)

   界 (杉山茂丸資料含む)      
             

       
            

         
         

  4 』の成立過程 
   



『匣の中の失楽』刊行30周年記念(1978-2008)
竹本健治直筆署名入りのポスター [部分]


<おすすめリンク集>

竹本健治公式HPパラレル玲瓏館
竹本健治 (takemootoo) on Twitter
takemootoo短歌・オリジナルいろは 
キララ探偵す。特設サイト(略称キララサイト)
『TRICK×LOGIC』特設サイト
少年回廊BBS
薔薇十字制作室
軟式ミステリ部
黒猫館
青都探
とらんぷ館
竹本Wiki
++INSOMNIA++(素材提供)


※このサイトの掲載責任者は、原田忠男です。掲載内容に関するクレーム・お問い合わ
せは、下記のアドレスにお願いします。

le_corps_sans_organes★yahoo.co.jp
恐れ入りますが、★を@に置き換えて送信願います。


<なお、本サイトで扱う主な竹本健治の作品は、以下の通りです。>


※ジャンル分けは、あくまで目安です。

アンチ・ミステリ、メタ・ミステリ
『匣の中の失楽』(幻影城、講談社文庫、講談社ノベルス、双葉文庫)
『新装版 匣の中の失楽』(講談社文庫)
『當代文集44 匣中的失樂 (林敏生訳)』(小知堂文化事業有限公司)
『静かなる祝祭 人形館殺人事件 竹本健治自筆原稿復刻』(幻影城の時代増刊、本多
正一発行)
『ウロボロスの偽書』(講談社、講談社ノベルス、講談社文庫)
『ウロボロスの基礎論』(講談社、講談社ノベルス)
『ウロボロスの純正音律』(講談社、講談社ノベルス)
『闇に用いる力学[赤気篇]』(光文社)
『闇に用いる力学[黄禍篇]』
『闇に用いる力学[青嵐篇]』

本格ミステリ
『囲碁殺人事件』(CBSソニー出版、河出文庫、角川文庫、創元推理文庫)
『将棋殺人事件』(CBSソニー出版、角川文庫、創元推理文庫) 
『トランプ殺人事件』(CBSソニー出版、新潮文庫、角川文庫、創元推理文庫)
『[定本]ゲーム殺人事件』(『囲碁殺人事件』『将棋殺人事件』『トランプ殺人事件』「チェス殺人事件」)
(ピンポイント) 
『狂い壁 狂い窓』 (講談社ノベルス、角川文庫)
講談社ノベルス25周年記念 綾辻・有栖川復刊セレクション『狂い壁 狂い窓』(講談社
ノベルス)
『殺人ライブへようこそ』(徳間ノベルス、徳間文庫)
『凶区の爪』(光文社カッパノベルス、光文社文庫)
『妖霧の舌』(光文社カッパノベルス、光文社文庫) 
『緑衣の牙』 (旧題『眠れる森の惨劇』光文社カッパノベルス(光文社文庫)
『風刃迷宮』(旧題『風祭りの坂で』)(光文社カッパノベルス、光文社文庫)
『涙香迷宮』
『狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役』(「騒がしい密室」「狂い咲く薔薇を君に(旧題「薔薇
げる惨劇」)」「遅れてきた屍体」 )(光文社カッパノベルス、光文社文庫)
『せつないいきもの 牧場智久の雑役』(「青い鳥、小鳥」「せつないいきもの」「蜜を、さもなくば死
を」)(光文社カッパノベルス)
『かくも水深き不在』(「鬼ごっこ」「恐い映像」「花の軛」「零点透視の誘拐」「舞台劇を成立させるのは、
人でなく照明である」)(新潮社)
『カケスはカケスの森』(徳間書店、徳間文庫)
『ツグミはツグミの森』(講談社、講談社ノベルス)
『汎虚学研究会』(講談社ノベルス)(「闇のなかの赤い馬」「開かずのドア」「世界征服同好会」「ず
ぶ濡れの月光の下」「個体発生は系統発生を繰り返す」)

ホラー小説
『クレシェンド』(角川書店)

児童文学
『闇のなかの赤い馬』(講談社ミステリーランド)

SF
『腐蝕』 (旧題『腐蝕の惑星』新潮文庫)(角川ホラー文庫)
『連星ルギイの胆汁』(Timebook Town [e-NOVELS])
『クー』(講談社ノベルス、角川春樹事務所ハルキ文庫)
『鏡面のクー』(角川春樹事務所ハルキ文庫)
『キララ、探偵す。』(「キララ、登場す。」「キララ、豹変す。」「キララ、緘黙す。」「キララ、奮戦す。」)(文
藝春秋単行本、文春文庫)
『キララ、またも探偵す。』(「キララ、失踪す。」「光瑠、探偵す。」「キララ、赤面す。」「雨の公園で出会
った少女」)(文藝春秋)
『殺戮のための超・絶・技・巧〜銀河スナイパー パーミリオンのネコ』(徳間ノベルスミ
オ、角川春樹事務所ハルキ文庫) 
『タンブーラの人形つかい〜銀河スナイパー パーミリオンのネコ 2』(徳間ノベルスミ
オ、角川春樹事務所ハルキ文庫) 
『兇殺のミッシング・リング〜銀河スナイパー パーミリオンのネコ 3』(徳間ノベルスミ
オ、角川春樹事務所ハルキ文庫)  
『"魔の四面体(テトラヘドロン)"の悪霊〜銀河スナイパー パーミリオンのネコ 4』(徳間ノ
ベルスミオ、角川春樹事務所ハルキ文庫) 

短編集
『閉じ箱』(「氷雨降る林には」「陥穽」「けむりは血の色」「美樹、自らを捜したまえ」「緑の誘い」「夜はおと
ずれぬうちに闇」「月の下の鏡のような犯罪」「閉じ箱」「恐怖」「七色の犯罪のための絵本」「実験」「闇に用
いる力学」「跫音」「仮面たち、踊れ」)(角川書店、カドカワノベルス、角川ホラー文庫)
『フォア・フォーズの素数』(「ボクの死んだ宇宙」「熱病のような消失」「パセリ・セージ・ローズマリーそ
してタイム」「震えて眠れ」「空白のかたち」「非時の香の木の実」「蝶の弔い」「病室にて」「白の果ての扉」
「フォア・フォーズの素数」「チェス殺人事件」「メニエル氏病」「銀の砂時計が止まるまで」) (角川書店、
角川文庫)
建石修志氏とのコラボレーション『虹の獄、桜の獄』「七色の犯罪のための絵本(赤い塔の上で」「黒
の集会」「銀の風が吹き抜けるとき」「白の凝視」「ラピスラズリ」「緑の沼の底には」「紫は冬の先ぶれ」)」
「しあわせな死の桜」)(河出書房新社)

ゲーム関連
セガサターン用ゲームソフト『月花霧幻譚 ~TORICO~』(SEGAエンタープライゼス)
『月花霧幻譚〜TORICO〜オフィシャルガイド』「蝶の弔い」(ソフトバンク)
ブレイステーションポータブル用ゲームソフト 『TRICK×LOGIC』 シナリオ・作家陣:有
栖川有栖×竹本健治×我孫子武丸×麻耶雄嵩×大山誠一郎×黒田研二(チュンソフ
ト、ソニー・コンピュータエンタテインメント)、シーズン1「明かりの消えた部屋で」、シーズン2「ブ
ラッディ・マリーの謎」
ニンテンドーDS用囲碁ゲームソフト(予定)

漫画
『入神』(南雲堂)
「あるいはパサディナ・フウムーン」「ある日の桃井くん」 「ある日の智久くん」
『筒井漫画涜本ふたたび[共著]』「スペードの女王」(実業之日本社)

その他 
『新本格謎夜会』(綾辻行人・有栖川有栖監修)(講談社ノベルス) 
「比較ゲーム論の周辺から」
「眠れ、覚醒者」  「前書 後書」 「私がデビューしたころ」 
「世界征服同好会」
『私がデビューしたころ ミステリ作家51人の始まり』
「一回限りのカーニバル」

竹本健治の短編を収録したアンソロジー
津原泰水監修『エロティシズム12幻想』「非時の香の木の実」(エニックス、講談社文庫)
井上雅彦監修『異形コレクションK GOD』「白の果ての扉」(光文社文庫)
『学園ミステリー アンソロジー集』「けむりは血の色」(河出文庫)
山前譲編『幻影城【探偵小説誌】不朽の名作「陥穽」(角川ホラー文庫)
井上雅彦監修『十月のカーニヴァル 異形コレクション綺賓館 I「ぼくの死んだ宇宙」(光文
社文庫)
井上雅彦監修『玩具館 異形コレクション』「フォア・フォーズの素数」(光文社文庫)
井上雅彦監修『教室 異形コレクション』「開かずのドア」(光文社文庫)
鮎川哲也・島田荘司責任編集『奇想の復活 ミステリーの愉しみ5』「メニエル氏病」(立風書
房)
江戸川乱歩展「蔵の中の幻影城」カタログ『乱歩の世界』「夢の街」
日下三蔵編『乱歩の幻影』「月の下の鏡のような犯罪」(ちくま文庫)
間村俊一画集、天沢 退二郎詩『ジョバンニ』「熱病のような消失」(洋々社)
本多正一監修『凶鳥の黒影〜中井英夫へ捧げるオマージュ』「彼ら」(旧題「黒の検閲」)(河
出書房新社)
本格ミステリ作家クラブ編『本格ミステリ05』「騒がしい密室」(講談社ノベルス)
齋藤慎爾編『現代詩殺人事件 ポエジーの誘惑』「パセリ、セージ、ローズマリー、そしたタイム」
(光文社文庫)
結城信孝編『ギャンブル・アンソロジー[ゲーム編]絶対絶命』「チェス殺人事件」(ハヤカワ文
庫)
井上雅彦監修『異形コレクションXXXVI  進化論』「個体発生は系統発生を繰り返す」(光文
社文庫)
日下三蔵編『ミステリマガジン700[国内篇]』「閉じ箱」
綾辻行人・有栖川有栖編著『綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー 1』「恐怖」(講
談社)
「幻影城の時代」の会編『幻影城の時代』 インタビュー「『匣の中の失楽』のころ」(エディション・
プヒプヒ)
本多正一編『幻影城の時代 完全版』「匳(こばこ)の中の失楽」「静かなる祝祭」「人形館殺人事
件」「『匣の中の失楽』ノート」(講談社)
綾辻行人・有栖川有栖・竹本健治著『綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー』(講
談社)
井上雅彦監修『異形コレクションXLII  幻想探偵』「羊の王」(光文社文庫)
『リレー短編集 9の扉』「依存のお茶会」(マガジンハウス、角川文庫)
メフィスト編集部『学び舎は血を招く メフィスト学園1』「世界征服同好会」(講談社ノベルス)
メフィスト編集部編、竹本健治・西澤保彦・椹野道流・令丈ヒロ子・時村尚共著『QED 
鏡家の薬屋探偵 メフィスト賞トリビュート』「漂流カーペット」(講談社ノベルス)
大森望責任編集『NOVA4』「瑠璃と紅玉の女王」(河出文庫)
新潮社ミステリーセラー編集部編『Mystery Seller』「恐い映像」(新潮文庫)

関連資料
『東海洋士追悼集 やさしい吸血鬼』追悼文「東海という<峰>を振り返って」(東海洋士追悼文
集を作る会)

竹本健治が今後刊行するかも知れない作品
『黙示のクー』
『摂動』
『【豪華本】匣の中の失楽』
漫画第2作め

竹本健治が今後も刊行しないであろう作品
『偶という名の惨劇』
『内耳の構造』